六畳部屋にエアコン取り付けするときの注意点

六畳部屋新居となるアパートやマンションに引っ越したもののエアコンが備わっていない、というのはよくあることです。特に古い賃貸物件ともなるとエアコンが設置されていないということはよくありますし、自分で取付しなくてはならないことも珍しくありません。エアコン取り付けには専門的な知識も必要ですから基本的に業者へお願いすることになります。

単身者用のワンルームマンション、アパートなどの場合だと六畳部屋の間取りも多いと思いますが、六畳部屋にエアコン取り付けをするときにはどのような注意点があるのでしょうか。ここではアパートやマンションに限らず、六畳部屋にエアコン取り付けをするときに注意すべきポイントについていくつかご紹介したいと思います。

設置できるかどうか

まずはその部屋にエアコンが設置できるかどうかということを確認しなくてはなりません。エアコンはどこにでも自由に設置できるわけではありませんし、特に賃貸物件の場合は決められた場所に設置する必要があります。では、どこでそれを確認すればいいのかということですが、基本的には配管用の穴とコンセントがある場所に設置します。

エアコンは室内機から外の室外機に配管を繋ぐ必要がありますし、その配管を通すための穴を壁にあける必要があります。賃貸物件の場合だと穴だけ開いているということが多いですから、その穴がある近くに設置することになるでしょう。しかし、穴もコンセントもないという場合だと工事が必要になりますし、大家に許可をとる必要も出てきます。

部屋サイズに合ったスペック

エアコンの機種もいろいろありますし、スペックも製品によってまちまちです。基本的な性能はどの製品も大差ないと思いますが、もっとも大きく異なるのは対応できる広さでしょう。エアコン製品によってどこまでの広さの部屋に対応しているかが異なりますから、設置する部屋のサイズに合わせた製品を選ぶということが非常に重要となってきます

六畳部屋なのに十畳部屋用のエアコンを購入してしまうとこれは明らかにオーバースペックでしょう。別にこれでも問題はないのですがもったいないですし、わざわざ十畳の部屋をカバーできるような製品を導入する意味がありません。この場合だと六畳をカバーできるスペックを備えている製品で十分ですから、六畳にマッチした製品を選ぶようにしましょう。

お店の方に相談する

現在ではさまざまなメーカーから多彩なエアコン製品がリリースされています。そのため、素人ではどれを選べばいいのか分からない、悩んでしまうという方もおられるでしょう。購入したものの自分の部屋にマッチしなかった、となるとお金の無駄遣いになってしまいますから、そのようなことにならないよう事前にお店の方に相談しながら決めるのが賢明です。

家電量販店や街の電気屋などで購入する場合だと気軽に相談できるのではないでしょうか。スタッフに相談すれば快く説明してくれるでしょうし、どのような部屋に住んでいるのか説明すればきっと最適な製品をチョイスしてくれます。インターネット通販で製品を購入する場合でもメールで相談できるケースがありますから、事前に相談しておくと良いかもしれません。

まとめ

六畳部屋にエアコン取り付けを行うときの注意点についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。ほかにも業者選びや価格についてなどいろいろと注意すべきことはありますが、とりあえずはこれくらい覚えておけば問題ないでしょう。特に部屋のサイズにマッチしたスペックの製品をチョイスするというのは大切な部分ですから、ここさえ間違わなければ多少のことは問題になりません。ぜひ今後の参考にしてください。

素人でも可能!?エアコン取り付けのやり方について

エアコンを自分で取付してみたい、という方ももしかするとおられるかもしれません。最近では多くの方がDIYで家具の設置を行うことや、休日を利用して自宅をリフォームしてしまうことも。大がかりなリフォームなどはできなくてもエアコンくらいなら自分でもDIYで設置できるのではないか、と思っている方も少なくないでしょう。

正直、エアコン取り付けはDIYでも可能ですし、実際にやっている方もたくさんいます。それなりの知識さえあれば素人でもできますから、チャレンジしてみる価値は十分あるでしょう。ここでは、エアコン取り付けのやり方を知りたいという方はどのように情報収集すればいいのか、何を参考にすればいいのかといったことをお話します。

ネットで情報を集めよう

エアコン取り付けのやり方ですが、今はインターネットを使えばどのような情報でも手に入ります。エアコン取り付けに関する情報などもその気になればすぐ入手できますから、まずはインターネットを利用して情報収集してください。エアコン取り付け、といったキーワードで検索すれば比較的早く見つかるのではないでしょうか。

素人の方でエアコンをDIYで取り付けたことがある方のブログなどが参考になります。写真つきで詳しく説明してくれているような方もいますから、このようなブログならかなり参考になるのではないでしょうか。インターネットでリサーチすればきっと見つかります。また、エアコン取り付け業者がホームページ上で取付方法を説明しているようなこともありますね。

必要なものを知ろう

エアコン取り付けの方法をネットで調べたからといって誰にでもすぐエアコン取り付けができるということはありません。エアコン取り付けにはどんなものが必要なのかということも知っておく必要がありますし、まずは必要なものを揃えなくてはなりません。では、実際のところエアコン取り付けにはどんなものが必要になるのでしょうか。

ここでいう必要なものとはエアコンを設置するのに必要なツールのことです。モンキーレンチやメガネレンチ、パイプレンチ、六角レンチ、インパクトドライバー、電動ドリル、養生ビニールやテープなどが挙げられます。また、エアコンの室内機から室外機を繋ぐ配管をテープで巻く必要がありますが、そのための専用テープも必要となるでしょう。

自信がないなら業者に依頼

業者自分でエアコンを取り付けるメリットは何と言っても費用を安くあげることができるということです。エアコンの取り付けには当然費用がかかりますし、それを浮かせることができるのは嬉しいメリットではないでしょうか。ただ、自分でやるとなるとすべて自己責任となりますし、仮に不具合が発生した場合などはまた自分で修理しなくてはなりません。

自信がないのなら最初から業者に依頼したほうが確実です。自分で工事するとなると必要なツールを揃えることから始めなくてはなりませんし、ツールを揃えるだけでもそれなりの出費となります。不具合が発生して設置をやり直すことなどを考えると最初から素直に専門業者に依頼したほうが賢明でしょう。確実ですし保証もあるため安心です。

まとめ

エアコンの取り付けは素人でも可能ですが、基本的にあまりおススメはできません。手間も時間もかかってしまいますから、よほどDIYが好きという方にしかおススメはできませんね。暇で時間とお金を持て余しているような方ならいいかもしれませんが、そうでない方は業者へ依頼する方が良いでしょう。設置のために購入したツールも普段はほとんど使わないでしょうし、そのためにお金をかけるのはもったいないです。素直に業者にお願いして取付してもらいましょう。

エアコン取り付けの工事費の総額は?

エアコンを自分で取り付けるのは難しいと感じる方は少なくありません。実際のところエアコンを取り付けるためには専門的な技術や知識が必要です。そのため単純にエアコン単体の価格だけを考えるのではなく、エアコン取り付けの工事費用についても予算に入れておく必要があります。ではエアコン取り付けの工事費用の総額はどれぐらいになるのでしょうか。

エアコンの取り付けにかかる費用とは

エアコンの取り付けにかかる費用は標準工事で1万円から15000円程度でしょう。標準工事というのはとりわけ別途部品が必要とされない、基本的な工事のことを指します。最低エアコンはもともと4Mほどの配管がついています。その配管で室内機と室外機を結ぶわけですが、場合によっては室内機と室外機の間の距離が4M以上になってしまうことも考えられます。もしもこのような場合にはもともとついている4Mの配管では足りないので、足りない部分の配管を準備しなければなりません。しかし4Mの配管で間に合うのであれば特に改めて配管を買う必要はありませんので基本的な工事の費用の中に収めることができるでしょう。

エアコンの取り付けにかかるオプション料金とは

基本的な標準工事でエアコンが取り付ければ、1万円から1万5000円といった総額を考えておけば十分ですが、場合によってはオプション料金がかかってしまうこともあります。もしも配管が足りない場合には、1m2000円ほどで販売されていることが多く、どれぐらいの長さが必要かによってオプション料金が変わってきます。

オプション料金さらにエアコン専用のコンセントがない場合、コンセントの電圧を上げるために回路増設が必要となります。そのような場合には総額として3万円ほどかかることもあります。さらにガスを補充する必要があると提案されることもあるでしょう。基本的に取り付け業者がしっかりとした手順で取り外しや設置を行うならばガス補充は全く必要ないはずですが、配管が傷ついていたり、亀裂が入っていたりするとそこからガスが漏れてしまう可能性があります。そのような場合には一時的にガス補充をすることも可能ですが基本的には配管酢の物を取り替える必要が出てくるでしょう。新規のエアコンを取り付ける際には着くまで心配する必要はありませんが、配管はそのまま古いエアコンを使いつつ新しいエアコンを取り付けるという工事を望まれる場合、このようなオプション料金が発生する可能性はあります。

またエアコン取り付け費用をできる限り安く済ませるために量販店の取り付け工事ではなく、中小規模のエアコン取り付け専門業者を探すと良いでしょう。場合によっては量販店の取り付け工事よりもかなり安く設置工事を行ってくれることも少なくありません。また取り付け業者に依頼する際には設置後のアフターメンテナンスをどの程度行ってくれるのかといつでも確認しておくと良いでしょう。設置した後で故障しないという保証はありませんので、万が一のことにもしっかりと誠実に対応してくれる業者を選ぶことは大切です。

このように一概にいくらかかるとは言い切れないエアコンの取り付け費用の総額ですが、基本的に取り付けに必要な部品や取り付け方法などを踏まえておくと、業者が見積もりを出した際にも細かく質問し納得してから依頼することができるでしょう。またサイトなどでそれぞれの電気店や、エアコン取り付け業者の口コミを参考にすることもおすすめです。安いだけでなくトータルとして信頼ができ、コストパフォーマンスの良い取り付け業者を選びましょう。その際には見積もりについて細かく質問をしても誠実にわかりやすく答えてくれるかどうかという点を一つの基準としても良いでしょう。

エアコン取り付けの相場

エアコンを購入した際はエアコンの費用だけでなく、エアコン取り付け費用のことも考える必要があります。家電量販店にはエアコン取り付け費用が紹介されていますが、そこに記載されている費用は標準工事であるため、それ以外の工事は追加料金が発生してしまうのです。そのため、追加工事を依頼したことで予想以上に追加費用がかかることも少なくありません。そのため、エアコン取り付けには追加費用を含めた相場を知っておく必要があるのです。エアコンの取り付け場所や住宅の環境によって追加費用が発生するので、こちらでは追加費用を含めたエアコン取り付け費用について解説いたします。エアコンの購入を考えている方は必ずこれをチェックしておきましょう。

エアコン取り付けの標準工事とは

多くの方は家電量販店でエアコンを購入するものですが、こういった場合にエアコン取り付け費用も紹介されています。そして、家電量販店によっては取り付け費用も含まれている場合がありますが、これらの費用は標準工事の費用なのです。それでは、この標準工事はどういった内容なのでしょうか。

エアコンとは室内機と室外機がありますが、これらはパイプによってつながっています。このパイプは標準工事で4メートルになっており、一般的な住宅であれば4メートルで足りるものです。

しかし、住宅の環境によっては4メートルでは届かないこともあります。特に一戸建ての2階に設置した室内機から1階の室外機につなげる場合、4メートルではパイプが足りなくなってしまうのです。そのため、4メートル以上のパイプは追加工事となります。

家電量販店以外で購入した場合

エアコンエアコンは家電量販で購入することが一般的ですが、現在はネットショッピングで購入するケースも少なくありません。こういった場合には業者に取り付けを依頼するものですが、この相場はどうなっているのでしょうか。

エアコン取り付け業者に依頼した場合、標準工事で1万円から1万5000円となっています。これは家電量販店で取り付けを依頼した場合とほとんど変わりません。しかし、こちらの場合も標準工事の相場ですので、追加工事が必要になると工事代金もアップするので注意しましょう。

そして、業者によって技術は大きく異なりますので、技術を持った業者に依頼してください。エアコンにトラブルが起こった場合、エアコンの故障なのか取り付けミスなのか判断が難しいこともあるのです。

エアコン取り付けと販売をする業者

リーズナブルに購入出来ることからネットショッピングを利用する方は多いものですが、エアコンの場合はエアコン取り付けも考える必要があります。ネットで購入した後に業者に依頼することも可能ですが、それではトラブルが起こった場合にネットショップと取付業者の両方に連絡しなければなりません。そのため、大きな手間になってしまうのです。

そこでおすすめしたいのが、販売と取り付けの両方を行うネットショップです。このようなネットショップであれば、トラブルが起こった場合も問題ありません。工事補償もありますので、ネットショップの安さと安心があるのです。相場よりも安くなることもありますので、こういったネットショップも検討しましょう。

まとめ

家電量販店でエアコンを購入した場合、エアコン取り付け費用も含まれている場合があります。しかし、ネットショッピングで購入した場合は業者に取り付けを依頼しますが、相場は1万円から1万5000円です。しかし、これは標準工事なので追加工事が必要な方は必ず事前に確認をしましょう。また、取り付け工事も行うネットショップもありますので、そういったショップもおすすめです。

エアコン取り付けでは周囲との隙間が必要となる

エアコンを見てみると基本的に周囲に隙間があることがほとんどです。これはそうしなければいけない理由がいくつかあるからです。エアコンはどこにでも設置できるというわけではないのです。きちんとエアコンを設置することによって、快適に活用することができるのです。周囲との隙間はエアコンの性能にも影響を与える重要なポイントとなっています。これから住まいにエアコン取り付けをしてもらう際には十分注意するべきでしょう。

こちらではエアコン取り付けの際に、隙間を設けなければいけない理由や隙間をつくれない場合の対処法などについて解説します。エアコン取り付けに失敗しないために重要なポイントをまとめました。エアコン取り付けの参考にしてください。

隙間が必要となる理由

エアコンまず、エアコンを設置する際には天井との間に隙間がなければいけません。そうしないとエアコンのカバーを開けることができなくなってしまいます。カバーを開ける機会はたくさんあります。たとえばカバーを開けないとエアコンのフィルターを取り出せないようになっていることは多いです。また、エアコンが故障して修理をしてもらったり、メンテナンスをしてもらったりする際には、カバーを開けなければいけません。ある程度の隙間が天井との間になければ、カバーを外せなくなってしまいます

また、エアコンがきちんと機能するためにも隙間は必要です。エアコンは室内の空気を吸い込んで、それを室外機によって冷風にすることで冷房機能を発揮することができるのです。したがって、周囲の空気を取り込む必要があり、そのためには周囲との隙間があることが望ましいのです。そうすることで通気が良くなり、どんどん効率よくエアコンは室内の空気を取り込めるようになります。

また、窓の上にエアコンを設置する場合は、下にカーテンレールがある場合が多いでしょう。それが吹き込み口からの風を遮ってしまう場合もあるのです。このような理由から、必ずエアコンは周囲に隙間のあるスペースに設置しなければいけません。

隙間がない場合には

これからエアコンを設置しようとしている場所で、どうしても周囲に隙間がつくれないというケースがあるかもしれません。この場合は別の場所にエアコンを設置することを検討しましょう。通常、エアコンは外に面している壁に設置します。そこに穴を開けて、室外機を壁の向こう側に設置するのです。しかし、配管を延長することができるため、これによって室内機は別の壁に設置することもできます。ただし、この場合は配管を延長する分だけ工事費用が余分にかかってしまうでしょう。

また、エアコンは基本的に壁の短辺に設置するべきです。周囲との隙間だけではなくて、この点にも気をつけてください。効率よく室内の温度を変えるためには、できるだけ広い面積に風を送り出すことが必要となります。そのためには壁の長辺よりも短辺に設置した方が良いのです。隙間のことだけにとらわれてしまってはいけません。エアコンができるだけ効率よく機能できるような場所に設置することを心がけましょう。そうすればせっかく購入したエアコンがなかなか効かなくて困ってしまうことは避けられるでしょう。

どのくらいの隙間が必要なのか

エアコンの周囲の隙間については、基本的には5cm程度あることが望ましいとされています。ただし、機種やメーカーによって必要な隙間は異なっているため、その点はきちんと確認しておきましょう。また、業者に設置をしてもらう際にも注意しましょう。きちんとした知識を持っていない業者が隙間を設けずに設置してしまうケースもあるからです。エアコン取付業者は、きちんとした資格があり実績のあるところから、専門的知識のないアルバイトに任せてしまうような業者まで存在しているのです。