六畳部屋にエアコン取り付けするときの注意点

六畳部屋新居となるアパートやマンションに引っ越したもののエアコンが備わっていない、というのはよくあることです。特に古い賃貸物件ともなるとエアコンが設置されていないということはよくありますし、自分で取付しなくてはならないことも珍しくありません。エアコン取り付けには専門的な知識も必要ですから基本的に業者へお願いすることになります。

単身者用のワンルームマンション、アパートなどの場合だと六畳部屋の間取りも多いと思いますが、六畳部屋にエアコン取り付けをするときにはどのような注意点があるのでしょうか。ここではアパートやマンションに限らず、六畳部屋にエアコン取り付けをするときに注意すべきポイントについていくつかご紹介したいと思います。

設置できるかどうか

まずはその部屋にエアコンが設置できるかどうかということを確認しなくてはなりません。エアコンはどこにでも自由に設置できるわけではありませんし、特に賃貸物件の場合は決められた場所に設置する必要があります。では、どこでそれを確認すればいいのかということですが、基本的には配管用の穴とコンセントがある場所に設置します。

エアコンは室内機から外の室外機に配管を繋ぐ必要がありますし、その配管を通すための穴を壁にあける必要があります。賃貸物件の場合だと穴だけ開いているということが多いですから、その穴がある近くに設置することになるでしょう。しかし、穴もコンセントもないという場合だと工事が必要になりますし、大家に許可をとる必要も出てきます。

部屋サイズに合ったスペック

エアコンの機種もいろいろありますし、スペックも製品によってまちまちです。基本的な性能はどの製品も大差ないと思いますが、もっとも大きく異なるのは対応できる広さでしょう。エアコン製品によってどこまでの広さの部屋に対応しているかが異なりますから、設置する部屋のサイズに合わせた製品を選ぶということが非常に重要となってきます

六畳部屋なのに十畳部屋用のエアコンを購入してしまうとこれは明らかにオーバースペックでしょう。別にこれでも問題はないのですがもったいないですし、わざわざ十畳の部屋をカバーできるような製品を導入する意味がありません。この場合だと六畳をカバーできるスペックを備えている製品で十分ですから、六畳にマッチした製品を選ぶようにしましょう。

お店の方に相談する

現在ではさまざまなメーカーから多彩なエアコン製品がリリースされています。そのため、素人ではどれを選べばいいのか分からない、悩んでしまうという方もおられるでしょう。購入したものの自分の部屋にマッチしなかった、となるとお金の無駄遣いになってしまいますから、そのようなことにならないよう事前にお店の方に相談しながら決めるのが賢明です。

家電量販店や街の電気屋などで購入する場合だと気軽に相談できるのではないでしょうか。スタッフに相談すれば快く説明してくれるでしょうし、どのような部屋に住んでいるのか説明すればきっと最適な製品をチョイスしてくれます。インターネット通販で製品を購入する場合でもメールで相談できるケースがありますから、事前に相談しておくと良いかもしれません。

まとめ

六畳部屋にエアコン取り付けを行うときの注意点についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。ほかにも業者選びや価格についてなどいろいろと注意すべきことはありますが、とりあえずはこれくらい覚えておけば問題ないでしょう。特に部屋のサイズにマッチしたスペックの製品をチョイスするというのは大切な部分ですから、ここさえ間違わなければ多少のことは問題になりません。ぜひ今後の参考にしてください。