素人でも可能!?エアコン取り付けのやり方について

エアコンを自分で取付してみたい、という方ももしかするとおられるかもしれません。最近では多くの方がDIYで家具の設置を行うことや、休日を利用して自宅をリフォームしてしまうことも。大がかりなリフォームなどはできなくてもエアコンくらいなら自分でもDIYで設置できるのではないか、と思っている方も少なくないでしょう。

正直、エアコン取り付けはDIYでも可能ですし、実際にやっている方もたくさんいます。それなりの知識さえあれば素人でもできますから、チャレンジしてみる価値は十分あるでしょう。ここでは、エアコン取り付けのやり方を知りたいという方はどのように情報収集すればいいのか、何を参考にすればいいのかといったことをお話します。

ネットで情報を集めよう

エアコン取り付けのやり方ですが、今はインターネットを使えばどのような情報でも手に入ります。エアコン取り付けに関する情報などもその気になればすぐ入手できますから、まずはインターネットを利用して情報収集してください。エアコン取り付け、といったキーワードで検索すれば比較的早く見つかるのではないでしょうか。

素人の方でエアコンをDIYで取り付けたことがある方のブログなどが参考になります。写真つきで詳しく説明してくれているような方もいますから、このようなブログならかなり参考になるのではないでしょうか。インターネットでリサーチすればきっと見つかります。また、エアコン取り付け業者がホームページ上で取付方法を説明しているようなこともありますね。

必要なものを知ろう

エアコン取り付けの方法をネットで調べたからといって誰にでもすぐエアコン取り付けができるということはありません。エアコン取り付けにはどんなものが必要なのかということも知っておく必要がありますし、まずは必要なものを揃えなくてはなりません。では、実際のところエアコン取り付けにはどんなものが必要になるのでしょうか。

ここでいう必要なものとはエアコンを設置するのに必要なツールのことです。モンキーレンチやメガネレンチ、パイプレンチ、六角レンチ、インパクトドライバー、電動ドリル、養生ビニールやテープなどが挙げられます。また、エアコンの室内機から室外機を繋ぐ配管をテープで巻く必要がありますが、そのための専用テープも必要となるでしょう。

自信がないなら業者に依頼

業者自分でエアコンを取り付けるメリットは何と言っても費用を安くあげることができるということです。エアコンの取り付けには当然費用がかかりますし、それを浮かせることができるのは嬉しいメリットではないでしょうか。ただ、自分でやるとなるとすべて自己責任となりますし、仮に不具合が発生した場合などはまた自分で修理しなくてはなりません。

自信がないのなら最初から業者に依頼したほうが確実です。自分で工事するとなると必要なツールを揃えることから始めなくてはなりませんし、ツールを揃えるだけでもそれなりの出費となります。不具合が発生して設置をやり直すことなどを考えると最初から素直に専門業者に依頼したほうが賢明でしょう。確実ですし保証もあるため安心です。

まとめ

エアコンの取り付けは素人でも可能ですが、基本的にあまりおススメはできません。手間も時間もかかってしまいますから、よほどDIYが好きという方にしかおススメはできませんね。暇で時間とお金を持て余しているような方ならいいかもしれませんが、そうでない方は業者へ依頼する方が良いでしょう。設置のために購入したツールも普段はほとんど使わないでしょうし、そのためにお金をかけるのはもったいないです。素直に業者にお願いして取付してもらいましょう。