エアコン取り付けでは周囲との隙間が必要となる

エアコンを見てみると基本的に周囲に隙間があることがほとんどです。これはそうしなければいけない理由がいくつかあるからです。エアコンはどこにでも設置できるというわけではないのです。きちんとエアコンを設置することによって、快適に活用することができるのです。周囲との隙間はエアコンの性能にも影響を与える重要なポイントとなっています。これから住まいにエアコン取り付けをしてもらう際には十分注意するべきでしょう。

こちらではエアコン取り付けの際に、隙間を設けなければいけない理由や隙間をつくれない場合の対処法などについて解説します。エアコン取り付けに失敗しないために重要なポイントをまとめました。エアコン取り付けの参考にしてください。

隙間が必要となる理由

エアコンまず、エアコンを設置する際には天井との間に隙間がなければいけません。そうしないとエアコンのカバーを開けることができなくなってしまいます。カバーを開ける機会はたくさんあります。たとえばカバーを開けないとエアコンのフィルターを取り出せないようになっていることは多いです。また、エアコンが故障して修理をしてもらったり、メンテナンスをしてもらったりする際には、カバーを開けなければいけません。ある程度の隙間が天井との間になければ、カバーを外せなくなってしまいます

また、エアコンがきちんと機能するためにも隙間は必要です。エアコンは室内の空気を吸い込んで、それを室外機によって冷風にすることで冷房機能を発揮することができるのです。したがって、周囲の空気を取り込む必要があり、そのためには周囲との隙間があることが望ましいのです。そうすることで通気が良くなり、どんどん効率よくエアコンは室内の空気を取り込めるようになります。

また、窓の上にエアコンを設置する場合は、下にカーテンレールがある場合が多いでしょう。それが吹き込み口からの風を遮ってしまう場合もあるのです。このような理由から、必ずエアコンは周囲に隙間のあるスペースに設置しなければいけません。

隙間がない場合には

これからエアコンを設置しようとしている場所で、どうしても周囲に隙間がつくれないというケースがあるかもしれません。この場合は別の場所にエアコンを設置することを検討しましょう。通常、エアコンは外に面している壁に設置します。そこに穴を開けて、室外機を壁の向こう側に設置するのです。しかし、配管を延長することができるため、これによって室内機は別の壁に設置することもできます。ただし、この場合は配管を延長する分だけ工事費用が余分にかかってしまうでしょう。

また、エアコンは基本的に壁の短辺に設置するべきです。周囲との隙間だけではなくて、この点にも気をつけてください。効率よく室内の温度を変えるためには、できるだけ広い面積に風を送り出すことが必要となります。そのためには壁の長辺よりも短辺に設置した方が良いのです。隙間のことだけにとらわれてしまってはいけません。エアコンができるだけ効率よく機能できるような場所に設置することを心がけましょう。そうすればせっかく購入したエアコンがなかなか効かなくて困ってしまうことは避けられるでしょう。

どのくらいの隙間が必要なのか

エアコンの周囲の隙間については、基本的には5cm程度あることが望ましいとされています。ただし、機種やメーカーによって必要な隙間は異なっているため、その点はきちんと確認しておきましょう。また、業者に設置をしてもらう際にも注意しましょう。きちんとした知識を持っていない業者が隙間を設けずに設置してしまうケースもあるからです。エアコン取付業者は、きちんとした資格があり実績のあるところから、専門的知識のないアルバイトに任せてしまうような業者まで存在しているのです。