エアコン取り付けの工事費の総額は?

エアコンを自分で取り付けるのは難しいと感じる方は少なくありません。実際のところエアコンを取り付けるためには専門的な技術や知識が必要です。そのため単純にエアコン単体の価格だけを考えるのではなく、エアコン取り付けの工事費用についても予算に入れておく必要があります。ではエアコン取り付けの工事費用の総額はどれぐらいになるのでしょうか。

エアコンの取り付けにかかる費用とは

エアコンの取り付けにかかる費用は標準工事で1万円から15000円程度でしょう。標準工事というのはとりわけ別途部品が必要とされない、基本的な工事のことを指します。最低エアコンはもともと4Mほどの配管がついています。その配管で室内機と室外機を結ぶわけですが、場合によっては室内機と室外機の間の距離が4M以上になってしまうことも考えられます。もしもこのような場合にはもともとついている4Mの配管では足りないので、足りない部分の配管を準備しなければなりません。しかし4Mの配管で間に合うのであれば特に改めて配管を買う必要はありませんので基本的な工事の費用の中に収めることができるでしょう。

エアコンの取り付けにかかるオプション料金とは

基本的な標準工事でエアコンが取り付ければ、1万円から1万5000円といった総額を考えておけば十分ですが、場合によってはオプション料金がかかってしまうこともあります。もしも配管が足りない場合には、1m2000円ほどで販売されていることが多く、どれぐらいの長さが必要かによってオプション料金が変わってきます。

オプション料金さらにエアコン専用のコンセントがない場合、コンセントの電圧を上げるために回路増設が必要となります。そのような場合には総額として3万円ほどかかることもあります。さらにガスを補充する必要があると提案されることもあるでしょう。基本的に取り付け業者がしっかりとした手順で取り外しや設置を行うならばガス補充は全く必要ないはずですが、配管が傷ついていたり、亀裂が入っていたりするとそこからガスが漏れてしまう可能性があります。そのような場合には一時的にガス補充をすることも可能ですが基本的には配管酢の物を取り替える必要が出てくるでしょう。新規のエアコンを取り付ける際には着くまで心配する必要はありませんが、配管はそのまま古いエアコンを使いつつ新しいエアコンを取り付けるという工事を望まれる場合、このようなオプション料金が発生する可能性はあります。

またエアコン取り付け費用をできる限り安く済ませるために量販店の取り付け工事ではなく、中小規模のエアコン取り付け専門業者を探すと良いでしょう。場合によっては量販店の取り付け工事よりもかなり安く設置工事を行ってくれることも少なくありません。また取り付け業者に依頼する際には設置後のアフターメンテナンスをどの程度行ってくれるのかといつでも確認しておくと良いでしょう。設置した後で故障しないという保証はありませんので、万が一のことにもしっかりと誠実に対応してくれる業者を選ぶことは大切です。

このように一概にいくらかかるとは言い切れないエアコンの取り付け費用の総額ですが、基本的に取り付けに必要な部品や取り付け方法などを踏まえておくと、業者が見積もりを出した際にも細かく質問し納得してから依頼することができるでしょう。またサイトなどでそれぞれの電気店や、エアコン取り付け業者の口コミを参考にすることもおすすめです。安いだけでなくトータルとして信頼ができ、コストパフォーマンスの良い取り付け業者を選びましょう。その際には見積もりについて細かく質問をしても誠実にわかりやすく答えてくれるかどうかという点を一つの基準としても良いでしょう。